保育士資格を目指す

保育士資格を目指そうとされている人もいらっしゃると思うのですが、この保育士資格が今注目をされているようなのです。

少子化と騒がれているなかでどうして保育士資格なのでしょうか?これは少子化になってきたことで夫婦で共働きの家庭が増えてきているといったことも考えられるようです。

子育てをするうえでの、ライフスタイルが変わってきているのですね。親が働いているときに子どもさんを預かってくれるといった、保育施設や保育士が必要でもありますし、保育士資格自体も見直されているようです。

保育士資格は国家資格になるのですが、1999年に制定されましたがそれより前は、もちろん保育士資格はないので、保育士と呼ばれることもありません、女性でしたら保母さん、男性の場合は保父さんといったように呼ばれていましたね。少し前では、保母さんというと女性の仕事といった感じでもありましたが、男女雇用機会均等法といったものが制定をされ、時代の流れもあり保育士資格も取得している男性が保育現場に進出もするようになってもきました。

この保育士資格がどのような資格かといいますと、仕事ややむを得ない理由などで保護者のかたが保育をすることが出来ない乳幼児を保育することが出来る専門知識を持って資格のことになります。国での管轄は厚生労働省となり、保育士は児童福祉法に基づきまして保育をするのです。また保育時間については原則で8時間ですが、場合により条件付きでの延長保育といったこともあるようです。保育をする対象児については0歳から小学校就学ででの幼児となるようですね。

この保育士の資格を取得する方法はどんな方法かといいますと、2通りあるのですが、一つは厚生労働大臣が指定をする保育系の大学・短大・専門学校といったものを卒業するかもう一つは保育士試験に合格するといった方法になるのです。最初の方法になりますと、卒業をすると同時に保育士資格を取得することになります。もしご興味があるようでしたらまずは、資料請求などからしてみるとよいでしょう。
資格取得は通信?専門学校?HOMEへ 資格取得は通信?専門学校?HOMEへ